未分類

プログラミングに心折れそう、辛いとなった時のための文章

プログラミングで心が折れそうになっているのは挑んでいるからこそです。

「歯磨きしていて心が折れそう、、」

とか

「シャンプーしていてマジ辛い、、」

とかならないじゃないですか?

 

辛いなっているとき =【なにかに挑戦しているとき】です。

そこで「挑戦している自分、むっちゃエラい!」と思えればいいんですが、

落ち込んでいるときはそれが難しいんですよね。

 

落ち込んでいるときはまず

・10分散歩する

これです!

 

そんなことなんの意味があるの?と思ったかもしれませんが、

脳科学的の研究でも有効性が証明されています。

運動して脳に酸素を送り込むと、自然とポジティブになるらしいです。

 

鬱だけど毎日外をハツラツと歩き回っている人とか想像できないですよね?

どちらかというと、家にこもって黙々としているイメージじゃないでしょうか。

 

プログラミングで辛くなってきたら、

まずは10分散歩に行く。

ぼーっと歩いて気分がマシになってきたら、

オススメは「1ヶ月前の自分の視点で視てみる」です。

 

「できるようになった事」は当たり前になってしまっているので、

自分の中で気づけないようになってしまいます。

「あいうえおが書けること」「2×3が分かること」

そんなことを褒められてもなにも嬉しくないのと一緒で、

当たり前にできることでは自分を褒められなくなってしまいます。

 

果たして、

今当たり前にできることは

「1ヶ月前の自分」も当たり前にできていたのでしょうか?

 

自分も、たまに成長できているのかな・・?

と落ち込むことがあるのですが、

そんな自分と同じ悩みを抱えている人に伝われば良いなと思い書きました。

 

もし悩みが晴れない人がいたらぜひDMください!

お話ししましょう!https://twitter.com/ko_chan214

 

追記:

辛い時に励ましてくれる美女LINE bot【励ますサン】を作ってみました。

意外と元気になるのでおすすめです笑

https://line.me/R/ti/p/%40xqh0875w