未分類

未経験からフリーランスプログラマーになる最短ルートを考えてみた

Progateでhtml, css, JavaScriptをそれぞれ3周する。

 

TECH::EXPERTに申し込む。

独学は本当に厳しい。まず間違いなく挫折する。

そしてProgateはプログラミングというものを体験はさせてくれるけど、

業務レベルには到達できない(批判しているわけではないです。)

 

・いつでも人に聞ける環境

・一緒に同じ目標に向かう仲間

を買いましょう。

そのためのTECH::EXPERTです。

自分が申し込んだ時にはTECH::EXPERTを通して就職した場合、

受講料全額返金キャンペーンがあったので

もしかするとお金もかからないかもしれません。

 

受講前に出来る課題を全て終わらせる。

このスタートダッシュが本当に大切。

カリキュラムのスケジュール感は本当に厳しいので、

受講が始まる前に巻けるところは巻いておく。

 

カリキュラム中

プログラミングは適正が人によってかなり違うので、

他の人は見過ぎずに過ごす。

プログラミングに心折れそう、辛いとなった時のための文章

 

受講中はQiitaに学んだことを書く。

できればブログ、ポートフォリオページを作って思ったことを書いていくとさらに良い。

こういうアウトプットの努力を見てくれるのは良い企業。

 

カリキュラム終了後はゆっくり落ち着いて就職活動。

メンタル的に安定しないかもしれないけど、慌ててSIerに就職したりしない

Twitter、Wantedlyで良いところを見つけてアプローチ、就職するというのもアリかも。

 

就職はWEB系企業がおすすめ。

ベンチャーっぽくて安定しないと思うかもだけど、

潰れても辞めてもそこそこ技術があれば全然フリーランスでやっていける。

WEBエンジニアはびっくりするくらい潰しが効くという話

 

逆に自社でサービスを作っていないところは技術を磨きにくいので辞めた方が良いです。

技術が全く伸びない&実績を積めないまま歳をとるとかなり厳しいことになります。

 

就職する際のチェックポイントを書くので参考にしてください。

・自分の作った独自アプリケーションのこだわりをきちんと聞いてくれる

こだわりとは・・?

誰に向けた、どんな問題を解決するサービスで、どこを工夫したのか、競合はいないのか、など。

採用するかをみてくれる人は技術ではなくポテンシャル採用なので、

どんなことを考えたのか、考えられるのかという思考力の方を見ている。

 

・Qiitaに書いたものをきちんとみて、評価をくれる

・GitHubを使っている

・フレームワークが独自のものではない

・自社サービスがある

・コードレビューがある