未分類

Progateだけでエンジニア就職できるの?という質問に答えてみた

結論から言います。

Progate”だけ”では厳しいです!

 

・なぜProgateだけで就職は厳しいのか

・それならどうすれば良いのか

・エンジニアとして就職すると良いことってあるの?

ということを書いていきます。

 

まず最初に、この記事はProgateの批判をするものではありません。

Progateほど分かりやすくポップで入りやすい教材は今のところ他になく、

プログラミングが初めての友達にはまずProgateを勧めます。(オススメの理由は以下リンクをどうぞ)

なぜプログラミング初心者はProgateが良いのか

 

 

・なぜProgateだけで就職は厳しいのか

これは「料理人になりたい人」に例えると分かりやすいです。

 

あなたを料理人を雇う人だとします。

その時に料理人として雇うのは以下のような人でしょう。

・料理の専門学校を出た人

・めちゃめちゃ料理を作るのが上手い人

・今はそこそこだけど、これから料理人として伸びてくれそうな人

さて、Progateで学んだだけの人は

料理人で例えるとどんな人なのでしょうか?

「Cookpadでレシピ通りに料理を作った人」です。

 

Progateというレシピに従ってサイトを作った。

それだけでは ”あなたを採用する理由” というものが無いのです。

 

どうすれば他の人+αになれるのか?

「成果物を用意する&行動力を見せる実績を作る」です!

具体的には

【オリジナルアプリを作りながら、なにを考えて作ったかをブログに書いて、プログラミングで詰まって解決した方法をQiitaに書いて、日々の進捗をtwitterに書いて、GitHubにコードを上げる。】です。

1つずつ解説していきます。

1、成果物

・オリジナルアプリを作る

AWSが有名ですが、railsを学んでいる人ならherokuの方が簡単で使いやすいです。

こちらに実際に作ったWEBアプリを置くことで、採用担当の方にみてもらうことが出来ます。

採用面接の時は「誰のために」「どんな苦労をしながら」「どんな工夫をして」作ったのか

ということが全て話すネタになります。

その苦労や工夫の方向性がその会社とマッチしていれば

十分にポテンシャル採用ということはありえます。

・ブログを書く

はてなブログで無料でブログを開設して、

・なにを考えて作っているのか

・なぜエンジニアになりたいのか

・どこで苦労して、誰のために作っているのか

そんなことを書きましょう。

真剣に向き合ってくれる担当の方なら読んでくれて、面接ではその話になるでしょう。

また「情報をアウトプットする」ということ自体が評価されます。

・Qiitaを書く

Qiitaという技術情報共有サイトがあります。

学んだこと、詰まって解決したことは逐一ここへ書いていきましょう。

「レベルが低いから・・・」なんてことは気にしなくて良いです。

書いたところでいきなり数百人に読まれるものでもありませんし、

あなたが書くと同じところで詰まった誰かを助けられます。

そして、ここでも「情報発信をしている」という事実が評価されます。

・GitHubにオリジナルアプリのコードを置く

これは100%マストでやってください。

ブログやQiitaよりも重要です。

どうやって作ってきたのか、どんなコードを書いているのかが一目で分かる

オンラインのエンジニアの履歴書のようなものになります。

・Twitterで情報発信

プログラミングで学んだことを日々呟きましょう。

これは後半の就職の方法に繋がってきます。

 

2、行動力

さて、オリジナルアプリと発信のもろもろが揃ったとします。

ここからどうするか。

行きたい企業をTwitter、Wantedly、自社サイトで探します。

最近はbosyuでカジュアルランチを募集しているので応募してみると良いです。

 

ここでは勇気と行動力+先にGIVEする精神を見せましょう!

 

先にGIVEする精神とは?

行きたい企業の社員に今なったとして、

自分はそこでどんなことを解決したいのか、

どんなことなら貢献できそうか、

それを先に考えましょう。

 

未経験から少しアプリを作った程度では、

技術力的にはどんぐりの背比べ。どんな人も大したことはありません。

そこに+αを載せられるか、その+αで採用担当者に話を聞いてもらえるか、覚えてもらえるかが決まります。

 

まとめ

まとめると、未経験から就職する場合は以下がオススメです。

オリジナルアプリを作り、その過程をQiita、ブログ、twitterで情報発信。

行きたい企業を見つけ「今自分がその場にいたらなにで貢献できるか」を考えて伝える。

大変だなと感じたと思います。

でも “大変だからこそ全員はやりません” 

 

他の人がやらない、やれないことをやって目立つことにより、

有利になれるのです。

 

最後に「エンジニアになると良いことあるの?」

自分はエンジニアになってよかったと思っています。

 

たった1年の業務実績でも、

いざとなったらフリーランスで幾らでもそれなりのお賃金の仕事が見つかる。

そんな仕事エンジニアしかないんじゃないかな?って思ってます。

WEBエンジニアはびっくりするくらい潰しが効くという話

 

いざとなったら幾らでも仕事が見つかるとなれば、

日々仕事をしながら言いたいことが言える、本当に嫌だったら辞められる。

企業と勤め人の本来のフェアで健全な関係が築けます

 

また、仕事をする環境も良いところが多いです。

私服でOK。始業時間遅め。コーヒー飲み放題。音楽聴きながら仕事ができる。

これはちょっとなかなか見つからない待遇なんじゃないかなって思ってます。

賃金以上に働きやすさって大事だな感じます。

 

長々と文章を書いてしまいましたが、

お付き合いいただきありがとうございました。

 

もし何かありましたらhttps://twitter.com/ko_chan214までお願いします!

いつも、この記事のようなエンジニアの情報を流していますので

ぜひよかったらフォローしてください!

 

ありがとうございました!

 

 

記事中の「料理人」という例えは以下の記事から頂きました。

他に良い例えが浮かばずに。。

参考記事:「progateをどれだけやったら仕事ができるの?」に採用について考えてる側から答えたい